明石吉田屋産業株式会社

検索

会社紹介COMPANY PROFILE

歴史(沿革)COMPANY HISTORY

明石吉田屋産業(旧・明石産業)の創業者、初代爲次の祖先は、徳川四天王の一人であった岡崎城主本多忠勝公の家臣を代々務めておりました。初代爲次は、明石範貞の次男としてこの世に生まれ、日本形染に染料を納めたのがきっかけで、染料商を始めました。

1889年〜1900年 創業期
1900年
明治33年

初代爲次 浜松市元城において、染料商を始める

※初代爲次 略歴:
1873年(明治6年)誕生
1889年「初音フエルト製造会社」入社(東京)
1894年 同社浜松工場へ転勤
1897年(明治27年)「帝国製帽株式会社」(現 テイボー)入社

1901年~1945年 染料から石炭へ
1913年
大正2年

「明石染料店」豊橋市関屋町に豊橋支店を開設

石炭・コークスの販売を開始する

1946年~1954年 戦後復興期 燃料革命(石炭から石油へ)
1946年
昭和21年

12月 明石株式会社(浜松市広沢町)を設立、豊橋支店開設

明石の戦後史は、豊橋から始まる。戦争により、焼け跡になった支店の再建を図る。世間が困っているものを考え抜いた末、木工場を開設し、原木や製材品を仕入れて東京の業者に直送した。また、亜炭(石炭の炭化度が低いもの)の販売も手掛けた。

 
1955年
昭和30年

5月 明石石油株式会社を浜松に設立

1958年~1995年 事業拡大期
1958年
昭和33年

3月 三河共石プロパン協同組合発足

 
1959年
昭和36年

8月 明石株式会社本社を浜松市より豊橋市関屋町へ移す

 
1960年
昭和35年

3月 明石産業株式会社に社名変更

4月 亜細亜石油(現JXTGエネルギー)特約店となる
豊橋関屋SS(豊橋1号店)開設

1976年
昭和51年

6月 資本金を1億円に増資

 
1979年
昭和54年

4月 プロパン部独立、明石プロパン株式会社を設立

 
1991年〜現在
1991年
平成3年

1月 本社を豊橋市神野ふ頭町に新築移転

 
2004年
平成16年

12月 明石プロパン株式会社を吸収合併
明石産業株式会社LPガス部を発足

2013年
平成25年

7月 豊橋市西羽田町に本社移転

2014年
平成26年

9月 明石貿易倉庫(株)、セントラルオイル(株)を吸収合併
東三河支店 新社屋完成

2015年
平成27年

12月 明石 真氏 代表取締役社長に就任

 
2017年
平成29年

10月 (株)吉田屋の石油販売・車検整備事業を譲受、明石吉田屋産業株式会社に社名変更

 

会社紹介 TOP

ページトップへ