明石吉田屋産業株式会社

検索

社員紹介 それぞれの、仕事への想いとやりがい

Vol.6 “LPガスファン”を増やす使命を持って2020.7.22

LPガス部西三河支店グループ長 堀尾佳史

元々前職でLPガス業界を経験し、その後当社に入社、開発課の担当となりました。
開発課に配属になったばかりのころ、官公庁の大きな仕事を任せていただいたときの話です。それまで戸建ての新築物件は何度も担当していたので、この仕事も当初は自信を持って臨みました。ところが工程会議に出席すると、聞いたことのない専門的な用語が飛び交い、ほとんど理解できませんでした。
会議の後、意味がわからなかった用語はすぐに調べ、毎週開催される会議の流れに何とかついていこうと必死でした。役所の担当者の方も、不安そうな顔で出席している自分の心情を見透かしてか、難しい質問をしてくるんです。まるで試されているような気分でした。そこで会議前に質問を予想し、答えを用意しておくようにしました。当時は「なんでわざわざこんな難しい質問を」と思ったこともありましたが、そのおかげで知識も増えて成長することができたので、今ではその担当者の方に感謝しています。

私がエネルギー業界に入った当初とは、業界を取り巻く環境が大きく変化してきています。かつては新築時に契約したガス会社や、その地域を管轄する電力会社と一生のお付き合いをするのが当たり前の時代でしたが、今ではLPガス、都市ガス、電気が全て自由化され、家庭で使うエネルギーをお客様自身が選択できるようになりました。LPガスに関しても、料金の公表が進んだことで、お客様も複数の企業を簡単に比較できます。戸建てへの飛び込み営業も増え、競争が激化しているのが現状ではないでしょうか。 そうした中で当社のガスを使ってくださるお客様は、きっと何らかのメリットを感じて選択をしてくださっているはずです。その期待に応えるためにも、お客様に困りごとがあればすぐに解決することはもちろん、より快適になるような、生活スタイルに合わせたプラスアルファの提案ができないか、いつも意識しています。

今、各ハウスメーカーは新築戸建てでオール電化を採用するケースが増えてきています。そんな中でガス供給の新築物件を増やしていくのは難しいことかもしれません。しかし、私は「お客様が快適な生活を送るためのベストな選択はガスである」という自信を持っています。ハウスメーカーや工務店の中には、そのメリットを理解し、新築をされるお客様にガス供給を提案してくださる担当者の方もいらっしゃいます。そうしたガスのある生活の快適さをお客様に伝えていただけるハウスメーカーや工務店を、少しでも増やしていきたいです。

また同時に、給湯器とコンロだけの使用ではなく、床暖房や浴室暖房乾燥機、ガスファンヒーターなど、ガスにしかできない魅力的な商品を提案することで、“ガスのファン”になるお客様を増やし、当社とのWin-Winの関係を作っていきたいと思います。




社員紹介 TOP

ページトップへ