明石吉田屋産業株式会社

検索

社員紹介 それぞれの、仕事への想いとやりがい

Vol.5 未来を見据えて2020.4.29

Dr.Drive浜松西インター店マネージャー 中村功司

 現在の仕事との出会いは、高校生の頃、会社が統合する前の吉田屋でアルバイトとして働き始めたのがきっかけでした。就職が決まっていたため卒業と同時に辞める予定でしたが、当時の所長の働きかけにより週末だけ引き続き働くことに。だが、その後就職した工場を3か月で退職し、結果的に社員として正式に入社することになりました。

 実は、当初接客業に苦手意識があり、車に興味があるわけでもなかったので、辛いことばかりで毎日辞めたいなって思ってました。
そんな中、違う店舗への異動を機に心境は変化しました。その店舗は雰囲気がとても良く、プライベートでもみんなで遊びに行くほど人間関係も心地良かったのです。そしてその店舗で、23歳の時にサブマネージャーに昇進。きちんと仕事をすれば、評価してもらえる、認めてもらえる、そう感じてやりがいに繋がっていきました。

 現在も楽しく働くために、スタッフ同士のコミュニケーションやお客様と接する時間を大切にしています。浜松西インター店はセルフのガソリンスタンドですが、フロントの窓拭きをサービスで行います。その際に、世間話をしたり、常連のお客様からは趣味の話について話題を振られたりすることもあります。
 しかし、そんなやり取りをしているお客様から怒られてしまったこともありました。
 車検を受けた後に車にトラブルがあり、来店したお客様からお叱りを受けたのです。そしてその時に私の発した「整備に確認してみます」の一言が、「お前に聞いているのに、なぜ人のせいにするんだ」とお客様の怒りに油を注いでしまいました。お客様が帰った後に電話をかけてもう一度謝罪すると、返ってきたのは「あなたに成長してほしいんだ」との言葉でした。その後も、そのお客様は変わらず来店してくれています。普段お客様と親交を深めているからこそいただけた言葉なんだと感じました。今でも人見知りなのは変わりませんが、これまで積み重ねてきた年数と出会ってきたお客様のおかげで、自分が少しずつ変わってきていることを実感しています。



 サブマネージャーを経て、現在はマネージャーをしていますが、当初売り上げが思うようにいかず、一人トイレで叫んだことや人知れず涙を流したこともありました。それでも一緒に働くスタッフを信じ、これまで進んできました。
 現在の目標は、浜松西インター店がお客様からも同じ業界からも、社内からも「いいお店だ」と感じてもらえる店にすること。同じ浜松エリアのDr.Driveナビゲータープラザの藤井マネージャーは、お客様にもファンが多く「あそこに行けばなんとかしてくれる」と評判が高いです。そんな、お客様からの口コミで人がやってくるようなお店にして、売り上げを伸ばし、社内からの評価も高めて、同じ業界から競合されるようなお店にすることが目標です。

 そして、今後はガソリンスタンドの地位を向上したいという大きな目標もあります。なんとなくガソリンスタンドで働くって地位が低い仕事に見られている気がしているんですよね。でもガソリンスタンドだって、洗車やオイル、タイヤや車を売る一種の営業の仕事だと思うんです。SSの地位向上のために未来を見据え、今後も頑張っていきたいです。

 

社員紹介 TOP

ページトップへ